よくある皮膚の病気や症状についてご紹介します

皮膚に関する豆知識やケアの方法など役立つ情報が満載ですのでぜひ参考にしていただけれ
ばと思います。

治療(円形脱毛症)

2010年07月08日

治療

①血行を促す作用のあるぬり薬や免疫の異常を抑える作用のあるぬり薬を外用します。

②発毛を促す作用および免疫機能を調節する作用のあるのみ薬を内服します。

③液体窒素療法

PUVA療法(ソラレンという薬をぬった後、UVAという紫外線を患部に照射する方法)

⑤ナローバンドUVB療法(波長311~313mmのUVBという紫外線を患部に照射する方法) は、毛が抜けたところを刺激して、免疫異常を起こしているリンパ球を追い出す作用があり、効果的な方法です。

ナローバンドUVB療法は、乾癬(かんせん)や白なまず(尋常性白斑)などの難治性の疾患に用いられ、有効性や安全性が高いと言われています。

  • 患者様の声
  • Q&A
  • よくある症状
ご予約はお電話またはご来院ください。2週間前よりご予約できます。まひろ皮ふ科クリニック 0532-31-1722 アクセスはこちら
初めての方へ

診療内容

  • 皮膚科一般
  • 小児皮膚科
  • AGA・円形脱毛症など
  • よくある皮膚病
  • 男性型脱毛症(AGA)
  • ナローバンドUVB
  • ほくろ

インフォメーション

  • 患者様の声
  • Q&A

院の紹介

  • 診療時間
  • アクセス
  • クリニック紹介
  • メディア紹介・あいさつ
  • よくある皮膚病
  • 敏感肌の方におすすめ
  • リンク集はこちらから

Calendar

  • まひろ皮ふ科クリニック
  • 0532-31-1722
  • 愛知県豊橋市吉川町158-3
  • まひろ皮ふ科クリニック

このページのトップへ