よくある皮膚の病気や症状についてご紹介します

皮膚に関する豆知識やケアの方法など役立つ情報が満載ですのでぜひ参考にしていただけれ
ばと思います。

乾燥肌には、保湿剤をぬりましょう 2

2010年11月04日

保湿剤の種類

保湿剤には、ワセリンやオリーブオイルなどの皮ふの表面に油膜を作ることにより水分の蒸散を抑えるもの、へパリン類似物質やヒアルロン酸などの水分と結合して保湿するもの、天然の保湿因子やセラミドなどがあります。

保湿剤の使用方法

保湿剤は1日2~3回ぬると効果的です。夜は入浴直後なるべく15分以内にぬるとよいでしょう。

入浴直後は角層への保湿剤の浸透がよいため、べとつかない程度にたっぷりぬると効果的です。強くこすらないように、手でなでるようにぬるとよいでしょう。

保湿剤のぬる量やぬり方に関する指導は、当クリニック(専門医)においても行っておりますので、お気軽にご相談ください!

  • 患者様の声
  • Q&A
  • よくある症状
ご予約はお電話またはご来院ください。2週間前よりご予約できます。まひろ皮ふ科クリニック 0532-31-1722 アクセスはこちら
初めての方へ

診療内容

  • 皮膚科一般
  • 小児皮膚科
  • AGA・円形脱毛症など
  • よくある皮膚病
  • 男性型脱毛症(AGA)
  • ナローバンドUVB
  • ほくろ

インフォメーション

  • 患者様の声
  • Q&A

院の紹介

  • 診療時間
  • アクセス
  • クリニック紹介
  • メディア紹介・あいさつ
  • よくある皮膚病
  • 敏感肌の方におすすめ
  • リンク集はこちらから

Calendar

  • まひろ皮ふ科クリニック
  • 0532-31-1722
  • 愛知県豊橋市吉川町158-3
  • まひろ皮ふ科クリニック

このページのトップへ