よくある皮膚の病気や症状についてご紹介します

皮膚に関する豆知識やケアの方法など役立つ情報が満載ですのでぜひ参考にしていただけれ
ばと思います。

湿疹、あせも、虫さされが原因になる、お子さんに多いとびひ

2010年05月13日

tobihi.jpgとびひは、主に5月頃から夏にかけて、皮ふが弱い子供(特に乳幼児)に多く見られる皮ふの病気です。

虫さされ、あせも、湿疹などをかきこわした傷口やすり傷などがあると、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が皮ふの表面で繁殖して起こります。

発疹はかゆみを伴うことが多いため、ひっかくことによりひどくなり、他の部位に「とぶように」広がります。このため「とびひ」とよばれています。アトピーのお子さんは、皮ふのバリア機能が低下しているためとびひにかかりやすいです。

人は蚊にさされると、さされた部位に一致してかゆみを伴う炎症反応が起こりますが、これは蚊に吸血された際に皮ふに入る蚊の唾液腺物質に対してアレルギー反応を起こすためです。
 蚊にさされた後の炎症反応には、大きく分けて2種類あります。すなわち、さされてすぐにみられるかゆみを伴う発赤(即時型反応)とさされて1~2日たった後にみられる腫れを伴う反応(遅延型反応)です。乳児期では、遅延型反応がよくみられ、さされた部位が水ぶくれになったり、赤く腫れたりします。学童期になると、即時型反応と遅延型反応の両方が認められるようになります。
蚊にさされたら早めの治療が大切です。当クリニック(専門医)でも虫さされによく効くぬり薬を処方していますので、お気軽にご相談ください。  

hanamaru2009.jpgはなまる(雑誌Hanamaru)2009年5月号に、当クリニックの記事が掲載されました。

  • 患者様の声
  • Q&A
  • よくある症状
ご予約はお電話またはご来院ください。2週間前よりご予約できます。まひろ皮ふ科クリニック 0532-31-1722 アクセスはこちら
初めての方へ

診療内容

  • 皮膚科一般
  • 小児皮膚科
  • AGA・円形脱毛症など
  • よくある皮膚病
  • 男性型脱毛症(AGA)
  • ナローバンドUVB
  • ほくろ

インフォメーション

  • 患者様の声
  • Q&A

院の紹介

  • 診療時間
  • アクセス
  • クリニック紹介
  • メディア紹介・あいさつ
  • よくある皮膚病
  • 敏感肌の方におすすめ
  • リンク集はこちらから

Calendar

  • まひろ皮ふ科クリニック
  • 0532-31-1722
  • 愛知県豊橋市吉川町158-3
  • まひろ皮ふ科クリニック

このページのトップへ