よくある皮膚の病気や症状についてご紹介します

皮膚に関する豆知識やケアの方法など役立つ情報が満載ですのでぜひ参考にしていただけれ
ばと思います。

白斑の治療法

2010年06月04日

尋常性白斑は、生 まれつきではなく後天的に皮ふの色が様々な大きさで、部分的に抜けて白くなる病気です。俗に、「しろなまず」とも呼ばれています。白斑(色が白くぬけたと ころ)は、顔、頭部、口の中などの粘膜も含めて全身のどこにでも生じます。白斑の大きさはまちまちで、円形や楕円形、木の葉の形など様々な形をとります。 かゆみや痛みなどの自覚症状はほとんどありません。子供では、5~6歳で発症することが多いようです。

 

白斑の治療法

尋常性白斑は、生 まれつきではなく後天的に皮ふの色が様々な大きさで、部分的に抜けて白くなる病気です。俗に、「しろなまず」とも呼ばれています。白斑(色が白くぬけたと ころ)は、顔、頭部、口の中などの粘膜も含めて全身のどこにでも生じます。白斑の大きさはまちまちで、円形や楕円形、木の葉の形など様々な形をとります。 かゆみや痛みなどの自覚症状はほとんどありません。子供では、5~6歳で発症することが多いようです。
ビタミンD3製剤の外用、ステロイド剤の外用、ナローバンドUVB、PUVA療法などの治療法がありますが、最近開発されたナローバンドUVB療法という光線療法が子供の白斑に有効という報告が増えてきています。

画像

・・・当科を受診した尋常性白斑の患児で光線療法を希望し、通院が可能な5名を対象とした。ナローバンドUVB療法を施行した5症例すべてに治療効 果が得られた。・・・ナローバンドUVB療法は、周囲皮膚の色素沈着を生じることもなく、また治療後の遮光の必要もない。・・・安全性が高いため、妊婦や 小児にも適用できる。・・・
(日小皮会誌 Vol.24 No.1 より引用)

 

さらに詳しく知りたい方はこちら


白斑の治療法

  • 患者様の声
  • Q&A
  • よくある症状
ご予約はお電話またはご来院ください。2週間前よりご予約できます。まひろ皮ふ科クリニック 0532-31-1722 アクセスはこちら
初めての方へ

診療内容

  • 皮膚科一般
  • 小児皮膚科
  • AGA・円形脱毛症など
  • よくある皮膚病
  • 男性型脱毛症(AGA)
  • ナローバンドUVB
  • ほくろ

インフォメーション

  • 患者様の声
  • Q&A

院の紹介

  • 診療時間
  • アクセス
  • クリニック紹介
  • メディア紹介・あいさつ
  • よくある皮膚病
  • 敏感肌の方におすすめ
  • リンク集はこちらから

Calendar

  • まひろ皮ふ科クリニック
  • 0532-31-1722
  • 愛知県豊橋市吉川町158-3
  • まひろ皮ふ科クリニック

このページのトップへ