Hanamaru 2009年5月号

 

はなまる(雑誌Hanamaru)2009年5月号に、とびひに関する、まひろ皮ふ科クリニックの記事が掲載されました。

とびひとは何ですか?
5月頃から夏にかけて、皮ふの弱い子や小学生ぐらいまでの子供に多くみられる皮ふ病です。すり傷、虫さされ、あせもや湿疹などをかきむしって皮ふをきずつけると、ブドウ球菌やレンサ球菌などの細菌が皮ふの表面で繁殖して起こります。

どのような症状が見られますか?
最初は顔、体、手や足などに小さな水ぶくれができます。水ぶくれがかゆみを伴うようになりかいてしまうと、皮ふがジュクジュクの状態になります。とびひは、感染力が強いので、ジュクジュクになると、他の部位にとびうつってしまいます。治りにくい原因としては、MRSA とよばれる強い菌が治療を遅らせている、皮ふをよくかくクセがある、石けんを使って患部を洗っていない、ずっと包帯をまいたままの状態、鼻をよくいじるクセがあるなどの原因が考えられます。
tobihi.jpg

akachan1.jpgどうすれば治りますか? 
抗生剤の入った軟こうを患部にぬります。ぬり薬で治りが悪いこともありますので、抗生剤の飲み薬も併用します。また、症状がよくなったからといって、薬をやめてしまうと再発することもありますので、定期的に通院することが重要です。
当クリニックでは、治りが悪いとびひに対しては、細菌培養検査を行っております。また、とびひに関する生活上の注意点やぬり薬のぬり方などの指導も行っております。

planets2011.jpg

 

2011年プラネッツ4月14日号に、豊橋市のまひろ皮膚科クリニックの「夏に向けて知っておきたい子供の皮膚病(とびひ・水いぼ・あせも)」に関する記事が掲載されました!

 

 

とびひによく効くぬり薬や飲み薬を処方しています。とびひがしっかり治るまでは、プールやおふろに入らないようにしましょう。患部は、石けんをよく泡立てて、泡で洗うようにやさしく洗浄するとよいでしょう。シャワー浴後、タオルでやさしく水分をふき取ってから、ぬり薬を外用しましょう。
とびひの症状がございましたら、何でもお気軽にご相談ください!

  • 患者様の声
  • Q&A
  • よくある症状
ご予約はお電話またはご来院ください。2週間前よりご予約できます。まひろ皮ふ科クリニック 0532-31-1722 アクセスはこちら
初めての方へ

診療内容

  • 皮膚科一般
  • 小児皮膚科
  • AGA・円形脱毛症など
  • よくある皮膚病
  • 男性型脱毛症(AGA)
  • ナローバンドUVB
  • ほくろ

インフォメーション

  • 患者様の声
  • Q&A

院の紹介

  • 診療時間
  • アクセス
  • クリニック紹介
  • メディア紹介・あいさつ
  • よくある皮膚病
  • 敏感肌の方におすすめ
  • リンク集はこちらから

Calendar

  • まひろ皮ふ科クリニック
  • 0532-31-1722
  • 愛知県豊橋市吉川町158-3
  • まひろ皮ふ科クリニック

このページのトップへ